[PR] 北海道 レンタカー

2008年1月30日

イタリアお勧め観光-チンクエ・テッレ-

イタリアに住んでいた頃に、たくさんのイタリアの街を観光しました。その中でも日本人が少ない、お勧め観光スポットをご紹介します。

 

「チンクエ・テッレ」

cinquetele.jpg

■基本情報

 

ティレニア海に面してフランス国境までのびるリヴィエラ海岸は、ヨットハーバーや小さな入り江が続く温暖なリゾート地。

 

数々のヨーロッパセレブを虜にするリゾート地ポルトフィーノ(Portofino)やラパッロ(Rapallo)、サンタ・マルゲリータ・リグーレ(S.Margherita Ligure)、カジノと音楽祭で有名なサン・レモ(San Remo)、世界遺産にも登録されている5つの小さな村チンクエ・テッレ(Cinqeterre)(www.aptcinqueterre.sp.it)と、魅力的な小さな町や村が海岸沿いに点在しています。

 

中でも世界遺産に登録されている、「五つの町」を意味するチンクエ・テッレは観光地としても有名です。

 

リオマッジョーレ、マナローラ、コルニーリア、ヴェルナッツァ、モンテロッソの村々が、海に突き出した岩壁に色とりどりの家々が建ち、その交通手段の限られた土地では今なお古い習慣や伝統を大切に生活する人々が暮らしている素朴な街です。

 

ちなみにこの5つの村はトレッキングコースで結ばれ、斜面に作られたブドウ畑、海沿いには可愛らしいパステルカラーの漁村を眺めながら、4時間程のウォーキングコースが楽しめます。

 

中でも一番の絶景と言われているのが、リオマッジョーレからマナローラをつなぐ海上数メートルのところに造られたVia Dell'Amoreからの眺め。

リオマッジョーレ駅脇からはじまるこの遊歩道は岩壁を沿うように続き、足元にまで波が押し寄せるスリルと、美しい景色を満喫しながら約40分程でマナローラの駅に到達することができます。

この区間は舗装されているので、気軽に歩くことができお薦めです!

 

歩くのが苦手という方には、ラ・スペツィアからポルトヴェネーレ、チンクエ・テッレを回る船を利用し、途中Via Dell'Amore含むハイキングも含まれていて、クルーズとウォーキングをを組み合わせたコースもあります。

(ちなみに、海から眺める町並みは絶景ですのでお勧めです!)

 

この場合帰りは、モンテロッソから列車でラ・スペツィアへ戻るルートが便利です。

ジェノバ行きの電車が出ています。

 

ラ・スペツィアからジェノバへは列車で約1時間15分程に位置しています。

 

電車で全部回りたいという方も、それぞれの街ごとに駅はあるのでご安心を。

 

 

 

■行き方 map.gif

    ↑少し見にくいかもしれませんが大まかにはこの辺にあります。

 

     ミラノから

Milano centrareEC(新幹線)かICplus(特急)に乗車

Genovaで乗り換えR(各駅停車)に乗車

Riomaggiore下車(所要時間3時間半~4時間)

 

時刻等を調べるときはこちらをチェック!(イタリア語ですが、駅名と時間をを打ち込むだけです)

http://www.trenitalia.com/en/index.html

 

■宿泊

なんせ小さな街なので、観光シーズンはあらかじめ予約が必要です。

http://www.capriblue.com/portofino/

↑このような旅行代理店を通すのもいいと思います。

 

自分で探したい方にはこのサイトがお勧め。↓

http://ja.venere.com/

地図表記で分かりやすく、初心者の方にも最適です!!

プリントアウトした紙をフロントに出すだけで、部屋に案内してくれます(笑

 

■観光情報参考サイト

http://www.japanitalytravel.com/guide/kanko/liguria.html

 

とにかく日本人観光客が少ないので、多少の英語力は必要です(^^;

でもそこが魅力だったりしますよね♪

 

■管理人のお勧め♪

海に近いこともあり、魚介料理が中心ですが・・・・!!

中でもこの地方発祥のバジル、松の実、チーズ入ったジェベーゼソースパスタは最高。

お土産に小瓶に入ったこのソースは結構喜ばれます。

 

また、この地方で作られるワインも実は有名。

生産量も少ないので、希少価値があります。

私のお勧めはLVNAE」の白

飲みやすいですよ

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://italy.lifefactory-ty.com/mt/mt-tb.cgi/43

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)