[PR] 北海道 レンタカー

2008年1月31日

イタリアお勧め観光-ヴェネチア仮面のカーニバル-

<ヴェネチア 仮面のカーニバル>

benis1.JPG■基本情報

ベネチア一帯で開催。

メイン会場はサンマルコ広場。

1月の下旬から2月上旬にかけて。

2008年は125日(金)~25日(火))

 

人々が仮面をつけ賑わう、カルネヴァーレといわれるカーニバル。

復活祭の前の40日間を「四旬節」といい、その間の肉断ちの前に大いにごちそうを食べ、思い切り騒いでおこうというのが、カルネヴァーレのもともとの趣旨だそうです。

 

1980年に復活したヴェネチアのカーニバルでは、人々は仮面をつけ、思い思いの仮装に身を包み、町へ繰りだし、ここぞとばかりに着benis4.jpg飾ります。

このカーニバルのためにイタリア中は勿論のこと、世界各地からアイデア溢れた衣装を持って人々が集まります。
まるで中世にタイムスリップしたかのような場面も!!
 カーニバル中は、サン・マルコ広場での様々なイベントだけでなく、カフェやかつての貴族の館などで夜な夜な華やかな仮面舞踏会が催されます。
これは事前に申し込みの必要なものから、フリーでも入場できるものとさまざまです。
なかなか日本でもあのようなコスプレじみたお祭りはないかも。。
サンバカーニバルとも違う、なんともいえない優雅な感覚に浸れると思います。
ぜひとも、この日のために仮装してお出かけしてみてください。

カーニバルの公式サイトはこちら

http://www.carnivalofvenice.com/...

■街の雰囲気

 

お土産屋さんひとつ。203000円くらい)

このような出店があらゆるところに点在しています。

benis5.jpgサンマルコ広場は非常に混んでいるので、できればちょっと離れたところで買ったほうが良いですよ。

<フェイスペイント>

  benis7.jpg仮面を買うのはちょっと・・・・

という方にお勧め。

たった15分ほどで、直接顔に仮面の出来上がり♪

たしか101500円)くらいだったかな。。

ナイスセンスのイタリア人。なかなか素敵な作品に仕上げてくれますよ。

ちなみにペインターはミラノ美術大学などの学生さんです。

 
■ヴェネチアへの行き方

 

ミラノから

 

Milano centrareEC(新幹線)かICplus(特急)に乗車

venezia S lucia駅下車(駅名は間違えないように!!似た名前があります(笑)

(所要時間2時間半くらい)

 

マルコポーロ空港から

 

水上バスを利用。

下記を参照下さい。ちなみに乗り場までは無料シャトルバスがあるそうです。

http://www.alilaguna.it/?funzione=120&idstazione0=2&idstazione1=1&fascia=5&x=19&y=10&lang=en

 

2002年に新しくなったばかりの空港です。

参考までに・・・・

http://www.veniceairport.it/core/index.jsp;jsessionid=5QBDAYIP01LQ5QFIAIBCFFA?_requestid=723465

 

この期間は、日帰りをお勧めします・・・・

ホテル、一年前からいっぱいです(苦笑


■管理人のお勧め

とにかくこの時期は駅から空港から人が溢れています。

まず、移動手段のヴァポレット(水上バス)のチケットを入手してください。

検札が来るので、乗れちゃうーなんていってキセルは厳禁!!

チケットもイロイロな種類があるので、参考までに下記をチェック下さい。

 

http://europeforvisitors.com/venice/articles/vaporetto_routes.htm

(英語です)

このチケットさえあれば、点在する島々をくまなく、無駄なく回れますよ!

 

 

2008年1月30日

イタリアお勧め観光-モンテカティーニ 温泉-

<モンテカティーニ 温泉>

MONTECATINI TERME

monteca1.JPG■基本情報

モンテカティーニ・テルメはフィレンツェで有名なトスカーナ北部にある温泉リゾート地です。

ローマ時代から知られていたこの温泉地に本格的な温泉設備が整備されたのは18世紀後半。

日本と同様、温泉のさまざまな治癒効果が期待できます。

大きく違うのは、水着着用で混浴ということ。

お湯の温度も30度~38度とかなりぬるいです。

 

昔から、癒し効果の噂を聞きつけ、ヴェルディやプッチーニ、ロッシーニを始め、世界中から著名な方々が来訪するようになりました。

 現在では、世界各地から政治家、俳優、著名人ばかりではなく、観光・保養客も訪れるようになりました。

温泉以外にも自然、芸術が待ちのいたるところで目に付きます。

温泉施設のある公園内には多くの芸術作品があり、自然と調和の取れたすばらしい環境です。

 

一方で、施設も充実しており、200以上のホテル、二つのコンベンションセンター、ショッピング街、レストラン、スポーツ施設などが揃っています。

 

 

■温泉

全部で9つある温泉施設は街の中心部にある大きな公園内にあります。

緑に囲まれた美しい環境もリフレッシュさせるためのセラピーの一部のようです。

 

地下6080メートルにある鉱泉の水盤からわきでる天然ミネラル豊富な温泉が、

エクセルシオール Excelsior、レオポルディーネ Leopoldine、タメリーチ Tamerici、トレッタ Torretta、テットゥッチョ Tettuccio、ラ・サルーテ La Salute、レーディ Rediなどの種類の鉱泉が9つある温泉施設に直接配られています。

 

またこの温泉は飲泉にも適していて、それぞれの種類のミネラル成分の水が、それぞれ異なる効果を発揮することから、

さまざまな治療に利用されています。 monteca2.JPG

■エステティック・マッサージ

代表的なところをご紹介。

チェントロ・ベネッセレ・エクセルシオール(Centro Benessere Excelsiorでは

ファンゴ(泥)やエッセンシャル・オイルなどを利用したさまざまなタイプのハイドロ・マッサージを受けられます。

魅力はやはり、エステティックを始め、トリートメント、サウナ、トルコ風呂、ソラリウムなど、フルラインのサービスを

一箇所で提供しているところですね。

http://www.bol.it/bol/se-new/libri/dossier/dos_002822/012001003441/sbi_48.pdf(英語)

http://it.smartbox.com/sections.php?op=viewarticle&artid=3486(イタリア語)

monteca3.JPG■宿泊

いつも紹介するサイトですが、ここにモンテカティーニも載っています。

http://ja.venere.com/

 

ちなみに私は下記したフィレンツェから電車でのアクセスで日帰りをしました。

多少忙しいですが、朝早く出れば可能ですよ!

  

■行き方

フィレンツエまたはピサの国際空港からそれぞれ高速道路で20分。

電車は、ピサ、フィレンツェ、ヴィアレッジョより、モンテカティーニ下車。

所要時間それぞれ1時間程度。(各駅停車しかありません。)

http://orario.trenitalia.com/b2c/TimeTable?stazin=FIRENZE&stazout=MONTECATINI&datag=30&datam=01&dataa=2008&timsh=14&timsm=45&x=11&y=11&lang=en&nreq=5&channel=tcom

 

■管理人お勧め

少々割高ですが、泥エステはお勧め。

終わった後、ウソのように全身しっとりスベスベです。

その後、おしゃれをして食事に行ったらセレブ気分が満喫できるはず!!

たまには自分へのご褒美に♪

 

そうそう、帰る前にペットボトルに飲泉を詰め込んで、

家で飲んでも効果は期待できますよ。

 

イタリアお勧め観光-チンクエ・テッレ-

イタリアに住んでいた頃に、たくさんのイタリアの街を観光しました。その中でも日本人が少ない、お勧め観光スポットをご紹介します。

 

「チンクエ・テッレ」

cinquetele.jpg

■基本情報

 

ティレニア海に面してフランス国境までのびるリヴィエラ海岸は、ヨットハーバーや小さな入り江が続く温暖なリゾート地。

 

数々のヨーロッパセレブを虜にするリゾート地ポルトフィーノ(Portofino)やラパッロ(Rapallo)、サンタ・マルゲリータ・リグーレ(S.Margherita Ligure)、カジノと音楽祭で有名なサン・レモ(San Remo)、世界遺産にも登録されている5つの小さな村チンクエ・テッレ(Cinqeterre)(www.aptcinqueterre.sp.it)と、魅力的な小さな町や村が海岸沿いに点在しています。

 

中でも世界遺産に登録されている、「五つの町」を意味するチンクエ・テッレは観光地としても有名です。

 

リオマッジョーレ、マナローラ、コルニーリア、ヴェルナッツァ、モンテロッソの村々が、海に突き出した岩壁に色とりどりの家々が建ち、その交通手段の限られた土地では今なお古い習慣や伝統を大切に生活する人々が暮らしている素朴な街です。

 

ちなみにこの5つの村はトレッキングコースで結ばれ、斜面に作られたブドウ畑、海沿いには可愛らしいパステルカラーの漁村を眺めながら、4時間程のウォーキングコースが楽しめます。

 

中でも一番の絶景と言われているのが、リオマッジョーレからマナローラをつなぐ海上数メートルのところに造られたVia Dell'Amoreからの眺め。

リオマッジョーレ駅脇からはじまるこの遊歩道は岩壁を沿うように続き、足元にまで波が押し寄せるスリルと、美しい景色を満喫しながら約40分程でマナローラの駅に到達することができます。

この区間は舗装されているので、気軽に歩くことができお薦めです!

 

歩くのが苦手という方には、ラ・スペツィアからポルトヴェネーレ、チンクエ・テッレを回る船を利用し、途中Via Dell'Amore含むハイキングも含まれていて、クルーズとウォーキングをを組み合わせたコースもあります。

(ちなみに、海から眺める町並みは絶景ですのでお勧めです!)

 

この場合帰りは、モンテロッソから列車でラ・スペツィアへ戻るルートが便利です。

ジェノバ行きの電車が出ています。

 

ラ・スペツィアからジェノバへは列車で約1時間15分程に位置しています。

 

電車で全部回りたいという方も、それぞれの街ごとに駅はあるのでご安心を。

 

 

 

■行き方 map.gif

    ↑少し見にくいかもしれませんが大まかにはこの辺にあります。

 

     ミラノから

Milano centrareEC(新幹線)かICplus(特急)に乗車

Genovaで乗り換えR(各駅停車)に乗車

Riomaggiore下車(所要時間3時間半~4時間)

 

時刻等を調べるときはこちらをチェック!(イタリア語ですが、駅名と時間をを打ち込むだけです)

http://www.trenitalia.com/en/index.html

 

■宿泊

なんせ小さな街なので、観光シーズンはあらかじめ予約が必要です。

http://www.capriblue.com/portofino/

↑このような旅行代理店を通すのもいいと思います。

 

自分で探したい方にはこのサイトがお勧め。↓

http://ja.venere.com/

地図表記で分かりやすく、初心者の方にも最適です!!

プリントアウトした紙をフロントに出すだけで、部屋に案内してくれます(笑

 

■観光情報参考サイト

http://www.japanitalytravel.com/guide/kanko/liguria.html

 

とにかく日本人観光客が少ないので、多少の英語力は必要です(^^;

でもそこが魅力だったりしますよね♪

 

■管理人のお勧め♪

海に近いこともあり、魚介料理が中心ですが・・・・!!

中でもこの地方発祥のバジル、松の実、チーズ入ったジェベーゼソースパスタは最高。

お土産に小瓶に入ったこのソースは結構喜ばれます。

 

また、この地方で作られるワインも実は有名。

生産量も少ないので、希少価値があります。

私のお勧めはLVNAE」の白

飲みやすいですよ

2008年1月15日

お勧めレシピ―Vol.2-:美味しいラザニア

イタリアでは各家庭で挟む物や記事に練りこむものに違いがあるのが特徴ですが、

今回はローマに住んでいたときの家族から教わった

簡単でシンプル、且つおいしいラザニアをご紹介します!!IMG_0417.JPG繝ゥ繧カ繝九い.JPG

二人分のレシピです。(25センチ四方の耐熱皿の場合)

■材料

【基本材料】
・乾燥ラザニア 板状のもの6(お皿によって調整してください)
・塩  大匙3(パスタ茹で用)
 ・溶けるチーズ  300グラム
・ホワイトソース(市販のもので十分) 1カップ           

【ミートソースの材料】

コンソメ 1
・にんにく 1
・赤ワイン(お水でもよいです)30cc
・牛ひき肉 250グラム
・たまねぎ 1
・バター 20(仕上げ用)
トマト水煮缶 1
炒め用オリーブオイル 大さじ2
塩コショウ 適宜
ケチャップ  大さじ3

 

 

■作り方

<ミートソースを作る>
オリーブオイルでみじん切りしたにんにくを軽くいため、その後、みじん切りのたまねぎをあめ色になるまで炒める
 (焦げやすいので中火から弱火で混ぜながら炒める)
そこに牛ひき肉を入れて、たまねぎと馴染んだら、赤ワインを入れてフランベする
コンソメと水煮缶を入れてよーく煮詰める。およそ40分くらい(ケチャップ、塩コショウ、バターで味を調えます)

④できあがったら火から下ろし、荒熱を取っておく

 

<ラザニアを作る>
たっぷりのお湯とお塩でラザニアを茹で上げます。(表示より1分ほど多めに茹でてください。程よい堅さに仕上がります)

(茹で上がったら生地がくっつかないようにオリーブオイルをふりかけておく)
耐熱皿にミートソース→チーズ→ホワイトソース→ラザニア生地と繰り返し重ねます(この量だと3回重ねることができます)
最後に一番上の面にとろけるチーズをたーーーっぷり振りかけて、200度のオーブンで20分焼きます
焼きあがったものをナイフとスプーンで切り分けて、お皿に盛り付け出来上がり!!img6c2f2cccvgbw40.jpeg繝ゥ繧カ繝九い1.jpeg

あっという間に出来上がる簡単イタリアン♪

ミートソースを作るのが少々手間ですが、時間が無い時は市販のものでも十分です。

 

 ラザニア関係の探し物はこちらで。

 

寒い夜にぴったりのお料理です。

ぜひともチャレンジしてみてください☆